うちの猫を人間の血液型に例えると

猫にも血液型があるそうで、A型が7~8割、B型とAB型が残りの割合だそうで、O型はないそうです。

人間の血液型による性格占いは科学的な根拠はないそうですが、個人的には、どんな根拠のある診断よりも当たっている気がします。

さて、うちの猫たちを人間の血液型(による性格)に当てはめてみると、

小次郎 : O型

さくら : O型

福松 : AA型

茶太郎 : A型

ミニタイガー : B型

ジョニー : AB型

チャゲ : O型

という感じになります。

小次郎はとても気が強く、身体的能力が低いにも関わらず、どの猫に対しても強気です。また、どんな人も恐れることなく近づいていきますし、掃除機が近づいてきてもそのまま仰向けで寝ています。

さくらも、人を怖がることがなく近づいていき、体重が他の猫よりも軽い(3キロ台前半)のに、他の猫に対して逃げずに向かっていきます。

福松は一番気が弱く神経質です。現在もマーキングのために薬を常用しています。人が来れば2階まで逃げて行きますし、他の猫に対しても基本弱気で、飼い主だけが甘えられる存在です。動物病院では恐怖のあまりシャーシャー威嚇します。

茶太郎も気が弱く神経質なところがあります。でも人にも猫にも危害を加えることなく優しい猫です。玄関のチャイムが鳴ると2階まで逃げて行きます。

ミニタイガーは、おとぼけおっちょこちょいキャラです。よくジャンプに失敗したり、脚を踏み外したりしてます。A型の茶太郎に対して独占的で体温を奪うようにピッタリくっついて寝たり、邪魔したりします。基本的に人が大好きですが、あまり鳴いたり甘える仕草を軽々しく見せないようにしています。

ジョニーはA型とB型の両方の要素を持っています。ジョニーは、人好きの猫嫌い。野良猫経験が長いせいもあって、他の猫と一緒になると不安のためかマーキング。でも俺様気質も合わせ持ち、餌の時間になると我先にと食べます。さらにお気に入りのベッドも誰にも譲らないなど、強気と弱気が混在するタイプです。

チャゲは、完全にO型です。他の猫、人に対して、恐れというものを知りません。唯一怖いのは自動車です。

スポンサーリンク