エリザベスカラーにウンチ

12月2日から、お尻の傷の治療のために、個室で療養しているチャゲ。

今日、首にしているエリザベスカラーにウンチがついてしまっていました。

チャゲがしているカラーは、うちに2つあるカラーのうち小さい方で、しかも支障がない程度に、直径が小さくなるようにハサミで切ったものなのですが、それでもウンチがついてしまいました。

以前に福松は断尾した時に、半年間カラーをつけていましたが、福松はトイレの後始末がとても淡白な猫だったので、一度もそういうことがなかった、ということに今回気付きました。

一般的に、猫は排泄した後、排泄物の臭いを嗅いでから砂をかけます。

福松は一切臭いも嗅がないし、砂もかけない猫でしたが、チャゲは普通の工程をふんだために、カラーについてしまったのだと思います。

福松の時は何も思いませんでしたが、昼間、人間がいなくなる家では、カラーをつけた猫がいる場合、排泄関係でかなり大変になることが予想されますが、今はこれといった対策は思い浮かびません。

スポンサーリンク