猫のサマーカット

最近暖かくなってきて抜け毛が増えてきたせいか、小次郎が毎日のように毛玉を吐くので、例年よりもかなり早いですが、第一弾のサマーカットを実施しました。

サマーカットする前の小次郎くん。
長毛種猫の小次郎
 

今回もこの業務用バリカンが活躍です。(参考:長毛種猫の世話について

業務用バリカン
 

今回の収穫。
刈った猫の毛
 

サマーカット後の小次郎くん。ちょっとふてくされた感じ。
サマーカットされた後の長毛種猫 小次郎
 

シャワーをした後の小次郎くん。しきりに身体を舐めています。

このように、お風呂(シャワー)に入った後は、全身を舐めるので、その後、毛玉を吐くことが多いです。

また、サマーカットをしただけでも、やはり全身を舐めるので、毛玉を吐くことが多いです。

でも、長期的にみれば毛が長いままの方が毛玉として貯まりやすいので、サマーカットした方がいいと思っています。
お風呂に入った長毛種猫 小次郎
 

毎回、サマーカットは二人がかりでやっています。一人が身体を押さえる役、一人が毛を刈る役です。

小次郎は(他の猫もそうでしょうか)、サマーカットが好きではないので、かなり唸ってシャーシャー威嚇します。

特に、脚の裏の毛を刈る時や、後ろ脚、お尻周りなどは嫌がります。

今回のサマーカットは、まだ春なので、あまり刈りませんでした。また、毎年1回だけでなく、2回くらい刈ります。

昨年のサマーカット後の写真。
サマーカット後の長毛種猫 小次郎

スポンサーリンク