チャゲ部屋にキャットタワー設置

ずっと個室にいるチャゲ。

エリザベスカラーをはずした後、すぐにお尻を舐めて少し赤くなりましたが、その後はあまり舐めず傷の方は特に変化ありません。

しかし冬になってきて、だいぶ外も寒くなってきたので、春になるまで個室で過ごしてもらおうと思います。

外にはチャゲがいた時はあまり近寄ることができなかったチャボ(メス)とドラ(オス)(どちらも初登場)が、チャゲ小屋に入っているので、この2匹も冬を越せそうです。

チャゲは人好き猫嫌いの猫なので、個室の外に出すことができません。

出すと他の猫を襲ってしまうのと、おそらく私の膝の上をずっと占領してしまうので、いよいよ福松の精神が崩壊して本格的に病気になってしまうことが予想されるからです。

もしかしたらストレスからFIPを発症してしまうかもしれません。

そんなわけで、チャゲはしばらく個室暮らしです。

個室暮らしでストレスが多いと思いますので、チャゲの部屋のキャットタワーを移設しました。

キャットタワーに登っている猫 チャゲ

キャットタワーに登っている猫 チャゲ

キャットタワーに登っている猫 チャゲ

キャットタワーに登っている猫 チャゲ

おそらく生まれて初めてのキャットタワーですが、とくに驚くこともなく使っています。

キャットタワーにのっていると、家ネコのように見えます。

爪研ぎもやっていました。

キャットタワーの上で寝ている猫 チャゲ

キャットタワーの上で寝ている猫 チャゲ
そのうち眠くなったようで寝てしまいました。

スポンサーリンク