ドライキャットフード

うちで現在あげているドライキャットフードは、

①ビューティープロ キャット 猫下部尿路の健康維持1.4kg

②モンプチドライ700g(フィッシュブレンドとシーフードブレンドを交互に)

をメインに、混ぜてあげています。

ときどき、

③ロイヤルカナン インテンスヘアボール

もあげています。

どのフードも、AAFCO(米国飼料検査官協会)、または、ペットフード公正取引協議会の定める、総合栄養食 です。

ビューティープロは、楽天のこのお店で買っています。
近所のホームセンター(カインズホーム)よりもぜんぜん安いです。

価格は、③→①→②の順なのですが、食いつきがいいのは、②→①→③と、価格とは逆です。

すべてではありませんが、キャットフードは、高価で、栄養価が高く、猫のカラダに良さそうなものほど食いつきが悪い傾向にあります。

反面、着色料を使用していたり、表面に添加していて味が濃いもの(猫のカラダには悪そうなもの)ほど、食いつきはいいです。このあたりは人間と似ていますね。

本来ですと、すべて猫のカラダにいいフードにしたいところですが、猫の数少ない楽しみのひとつが食事ですので、食いつきと健康の折衷点がいまあげているフードという感じです。

③のロイヤルカナンより高価なフードもいろいろ試してみたことがあるのですが、食いつきが悪いので止めてしまいました。

猫は動物ですので、お腹が究極に減れば、おそらくどんなフードでも食べるのだと思いますが、そこまで徹底できていません。

キャットフードに関する本はいろいろありますので、興味のある方はご覧になってみてください。

  • ペットフードで健康になる
  • 食べさせてはいけない
  • ペットフードが危ない
  • そのペットフードが病気の原因かもしれない
  • いぬ・ねこの正しいごはん
  • ペットフードの危ない話
  • ネコの食事ガイド
  • 新・ペットフードにご用心
  • ネコの食事百科

とりあえず、うちにあるのはこれだけですが、本を読んでいると、市販のキャットフードを食べさせるのが怖くなります。

スポンサーリンク