天気予報をみる猫

正確にいうと天気予報を見ているのではなく、気象予報士の方が使っている指し棒にじゃれているのですが、茶太郎はこの天気予報が大好きで、天気予報が始まるとどこからか走ってきてテレビの前に陣取ります。

そして、指し棒が動くたびに、顔や身体を動かし、指し棒をつかまえようとします。

指し棒は、「画面の中で動かす→画面の下に下ろす」が繰り返されますが、茶太郎は、画面の下に下ろした時に捕まえようとすることが多く、いつも消えてしまう指し棒を不思議に思っているようです^^

天気予報の指し棒にじゃれる猫

うちのテレビは、猫のために、表面が固くコーティングされているプラズマテレビなのですが、液晶だったらもう壊されていたかもしれません。

でも、プラズマテレビは、どうやら生産が終了していくようなので、次回買い換えるとしたらカバーをつけなくてはならないかもです。

スポンサーリンク