小次郎の仔猫の頃

小次郎はうちで初めて飼った猫です(→小次郎)。

もうすぐ9歳になる小次郎ですが、うちに来た時は生後5ヶ月でした。

小次郎の子供の頃

うちに来た当初は、さすがに、2日くらいはずっと猫ハウスの中でじっとしていて、「せっかく猫を飼ったのに、猫がいるんだかいないんだかわからない」と思ったことを思い出します。

小次郎の子供の頃2

小次郎は、数年間は一匹だけでしたが、とてもおっとりしていて、おとなしい猫だったので、動物禁止のアパートでも飼うことができました(→アパートでの猫の飼育)。

カーテンをやぶることもないし、壁紙で爪研ぎもしないし、高い所に登って物を落とすこともないし、派手に走り回ることもないし、大きく鳴くこともないし、と、本当にいい子でした。

その後、2匹目となる「さくら」がやってきて、引越すことになるのですが、小次郎だったからこそアパートで飼えたのだと思います。

小次郎の子供の頃3

小次郎の子供の頃4

小次郎の子供の頃5

さくらが来てからはずっと多頭飼育ですが、1匹だけの生活を唯一知っていて、人からの愛情を一身に受けていた小次郎は、今は寂しい思いをしているかもしれません。

スポンサーリンク