猫が臭いものを嗅いだときの反応

猫って、臭いようなものを嗅いだとき、口を開けて 「ハァ~」 ってやるんです。

なんでやるかはわかりません。

うちでは、チャトラの茶太郎がやっていて、他の猫がやっているところを見なかったので、茶太郎だけの特別な仕草だと思っていました。

ところが最近、野良さんから我が家に仲間入りしたキジトラのジョニーも同じようにしていたので、これは猫の仕草の一つなのだと思います。

どんな時に口を少し開けて「ハァ~」とするかというと、

・他の猫のお尻をかいだとき
・他の猫がマーキングした跡をかいだとき
・人間の足をかいだとき  などなど

他にもあったと思いますが、ぱっと思いつくのはこれくらい。

でもけっこう頻繁にします。

調べてみると、これは、「フレーメン反応」というそうですね。

臭いがくさくて口を開けてるわけではないそうです。

猫の口の中の、前歯の付け根のあたりに、小さな穴が2つ開いていて、ヤコブソン器官へとつながっていて、そこから取り入れたニオイの分子は、鼻からの臭いとは別ルートで脳に伝えられるとのこと。

つまり、鼻からだけでなく、口からも臭い分子を取り入れるために、口を開けていたんですね。

このフレーメン反応は、猫だけでなく、馬や牛、羊、ハムスターにもみられるそうで、

本来は性行動の1つで、異性の尿などに含まれるフェロモンを感知するためのものだと考えられているそうです。

(参考:加藤由子、ネコ好きが気になる50の疑問、ソフトバンク サイエンス・アイ新書)

スポンサーリンク