猫との生活で気をつけていること

猫と生活するにあたって、日頃気をつけていることを書き出してみます。

・台所の流しのゴミは常に捨てる(残していると食べてしまう)

・調理で塩を使って周囲に落ちた塩を拭き取る(猫は塩分が腎臓に悪いため)

・包丁はすぐにしまう

・テーブルに食事を出したまま離れない(猫が食べてしまう)

・お菓子の袋などを猫の手の届かないところにしまう(破って食べてしまう)

・花瓶など倒されてしまうようなものは置かない

・タバコは外か換気扇の前で吸って、灰皿には水を入れておく

・外に通じる窓を開けっ放しにしない(網戸も建付が悪くはずれやすいので網戸にもしない)

・誤って狭い空間に閉じ込めないようにする

・こまめに掃除をする

・高い所にも登るので、猫が登りそうなところは上記にような注意をする

・電気コードがかじられないように、スパイラルチューブなどで覆う

・飲み込んでしまうような小さなものを出しておかない

・壁にかける写真や時計などは、猫の手の届かないところにかける

・滑りやすい板の間の上には、滑らない素材のものを貼る

非常に細々したくだらないようなものもありますが、こんなところでしょうか。

こうして見てみると、小さな子供のいる家庭と同じような注意点ですね。

子供と違うのは、いつまでも成長しない、というところ。

でも、猫がいるおかげで、常に片付けたり掃除していないといけないので、部屋がきれいに保たれるという利点はあります。

実際に、猫のいる家庭の方が、猫がいない家庭よりも、ダニが少ないという研究結果があるようです。こまめに掃除をするからだ、と考察していました。

スポンサーリンク