猫アレルギーなので、猫と一緒に寝られない

猫アレルギーを発症した私は、猫が2匹になったのを機に、引っ越した一軒家の借家の時点から、寝室に猫を入れるのを止めました。

寝ている時は、猫と触れあわないことにしたのです。

小次郎 1匹だけを飼っていたアパートでは、狭かったこともあり、寝室にも猫を入れていました。

小次郎

 

この頃は、たまにエチケットブラシで、布団をこすると、小次郎の長毛の毛がどっさりとれていました。

いま考えると、なんて恐ろしい場所で寝ていたんだろう、と思います。

いまだったら、一晩で喘息発作が起きて、救急外来直行でしょうね。

そんなわけで、猫との2番目の家と、現在の家である3番目の家では、猫を寝室に入れていません。

自分が寝室に入る時は、猫は一緒に入りたがりますし、それを振り切って寝室に入るのも辛い。

寝室に入った後も、ドアの前で鳴いたり、ドアをカリカリして、「入れてくれ~」とアピールするのを聞くのも辛い。

自分が猫アレルギーでなかったら、猫たちと夜も一緒にいられて、人も猫も幸せなのになぁと思います。

スポンサーリンク