猫アレルギー対策 猫に触らない

猫アレルギーの原因物質に、Fel d1というのがあって、これは猫の皮膚の脂腺から分泌されているそうです。

また、同じく原因物質であるFel d4は、唾液中に存在しているそうで、猫が毛づくろいをすることで、毛に付着し、それが乾燥して空気中に舞っていくようです。

こうしてみると、猫アレルギー持ちの人にとっては、アレルゲンだらけの猫に触る行為は御法度のようですね。

確かに、猫に触ったりした後は、症状が強く出ます。

私は、猫の顔に自分の顔をスリスリするのも好きですし、(猫からも望んできます)猫の体を撫でてあげたり、掻いてあげたりもします。

猫の方からも、私の顔だけでなく、体に対しても、猫の体をすりつけてきます。

そのような時は、アレルゲンが自分の体に付着したり、アレルゲンが大量に舞って、それを吸い込んでいるわけです。

でも、猫とのスキンシップがなかったら、なんのために猫を飼っているのかわかりませんし、猫もとても寂しい思いをすると思います。

なので、私はたとえ猫アレルギーには悪いことであっても、これからもずっと猫とのスキンシップは続けていきます。

猫アレルギーがあっても、コントロールして飼っていくことはできるのですから^^