うちの猫たち 「福松」

福松は、2008年の11月に職場の裏口玄関の前で、大きな声で鳴いているところを保護した猫です。

当時、体重700gで、生後2ヶ月くらい。現在は、4歳になりました。

サバトラというのかキジトラというのか、そのあいのこみたいな柄です。

福松は、うちで一番の甘えんぼさんです。

飼い主には甘えんぼですが、基本的には人嫌いで知らない人が来ると逃げてしまうような臆病な性格です。

なので、動物病院では、最初から最後までずっと唸っていて、行くとすぐに首にはカラーをつけられ、身体はカバーに入れられてしまいます。

他の猫も苦手で、新しい猫に対しては拒否反応を示します。

他の4匹ともなんとかうまくやっていますが、弟猫が2匹(茶太郎、ミニタイガー)増えた頃から精神不安定でマーキングをし始め、現在は精神安定剤を定期的に服用しています。

運動能力は高く、体重も5kg台後半はあるのに、他の猫と喧嘩はせずに逃げてしまいます。

トイレの後、床でお尻を拭くためにいつもお尻がキレイです。

2010年には、長い尾を自分で噛んでしまったことを発端に、断尾術を受け、尻尾が短くなりました。

サバキジトラ猫の福松

サバキジトラ猫の福松 断尾前

エリザベスカラーをつけた猫 福松

サバキジトラ猫の福松

サバキジトラ猫の福松

サバキジトラ猫の福松

スポンサーリンク