私の猫アレルギー症状

私の現在の猫アレルギー症状には以下のようなものがあります。

・目のかゆみ

・目の周囲の腫れ

・鼻水が出る

・くしゃみ

・喘息

・傷口が痒くなり、腫れる(爪で引っかかれた時)

・ヒゲの毛穴?が痒くなる(顔を猫にスリスリした時)

目のかゆみ

私はメガネをかけているせいか(関係ないかも)、毎回というわけではありませんが、目が痒くなります。
目が痒くなった時には、市販のアレルギー専用目薬をさしています。目薬をさすと、症状は治まることが多いです。

目の周囲の腫れ

目が痒くなった時に、手で目をこすってしまうと症状が悪化して、目の周りが腫れてお岩さんのような目になってしまいます。
家にいる時は目薬がありますので、目が痒くなった時点で目薬をさすため、目の周りが腫れるところまでひどくなることはめったにありません。

鼻水が出る

私の猫アレルギーの中核症状です。私の猫アレルギー症状は、まずくしゃみと鼻水から始まることがほとんどです。
ひどい時には、1日でティッシュ1箱を使ってしまうくらい鼻をかむことがあります(薬を飲まない場合)。
市販の点鼻薬を使うこともありますが、鼻水を抑える効果はあまりないように思います。

くしゃみ

風邪をひいたわけでもないのに、何度もくしゃみが出ます。
くしゃみをすると、その後、必ず鼻水が出ます。この2つはセットです。鼻水と共に、私の一番出やすい猫アレルギー症状です。

喘息

くしゃみ、鼻水と並んで、私の猫アレルギーの3大症状のうちの1つです。
私が最初に自分が猫アレルギーだということを確信した症状でもあります。
症状がひどい時は、深呼吸をしてみると、気道が狭くなっていて「ヒューヒュー」と音がします。

傷口が痒くなり、腫れる

これは、猫に爪で引っかかれた時や、噛まれた時に、傷口が痒くなって、傷口の周辺は赤く腫れてきます。
引っかかれたり噛まれたりしなければ出ない症状ですし、症状が出ても、市販の消毒薬を塗っておくと、自然と治ります。

ヒゲの毛穴?が痒くなる

これも、傷口が痒くなる、のと同じ原理なのだと思いますが、特に、髭を剃った直後の(ヒゲの)毛穴が開いている時に、顔を猫にスリスリした時に、毛穴からアレルゲンが入るせいか、ヒゲの部分が痒くなります。
気をつけていれば出ない症状なので、ほとんど問題になることはありません。