バイオネットは、「効果あり」でした

「猫が好きで飼っているのに、猫アレルギーで困っている」という方は多いと思います。私もその一人です。

私は、今年の1月にアレルギー治療器のバイオネット(bionette)を購入しました。
(→猫アレルギー治療器バイオネット 買いました!「バイオネットは、「効果あり」でした」の続きを読む…

猫アレルギー治療器バイオネット 買いました!

以前からずっと気になっていたアレルギー治療器を購入しました!

正確には、「花粉症・アレルギー性鼻炎・動物アレルギー治療器」なのですが、私の猫アレルギーの症状は、鼻症状(くしゃみ、鼻水、鼻づまり)と呼吸症状(喘息)がメインなので、鼻症状が治まると日常的にはかなり楽になります。
「猫アレルギー治療器バイオネット 買いました!」の続きを読む…

猫アレルギーなので、猫と一緒に寝られない

猫アレルギーを発症した私は、猫が2匹になったのを機に、引っ越した一軒家の借家の時点から、寝室に猫を入れるのを止めました。

寝ている時は、猫と触れあわないことにしたのです。

小次郎 1匹だけを飼っていたアパートでは、狭かったこともあり、寝室にも猫を入れていました。

小次郎

 

この頃は、たまにエチケットブラシで、布団をこすると、小次郎の長毛の毛がどっさりとれていました。

いま考えると、なんて恐ろしい場所で寝ていたんだろう、と思います。

いまだったら、一晩で喘息発作が起きて、救急外来直行でしょうね。

そんなわけで、猫との2番目の家と、現在の家である3番目の家では、猫を寝室に入れていません。

自分が寝室に入る時は、猫は一緒に入りたがりますし、それを振り切って寝室に入るのも辛い。

寝室に入った後も、ドアの前で鳴いたり、ドアをカリカリして、「入れてくれ~」とアピールするのを聞くのも辛い。

自分が猫アレルギーでなかったら、猫たちと夜も一緒にいられて、人も猫も幸せなのになぁと思います。

スポンサーリンク




猫アレルギー対症療法 喘息薬

猫アレルギー症状のひとつに喘息(ぜんそく)があります。

アレルゲンを吸い込むと、それが肺の気管や気管支に入っていって、そのための気管(支)が収縮したり、粘液が分泌されたりして、空気の通り道が細くなってしまい、呼吸をする時に音がしたり呼吸が苦しくなったりします。
「猫アレルギー対症療法 喘息薬」の続きを読む…