耳の後ろの傷

チャゲといえば、数日前に右耳の後ろが化膿して臭くなっていました。

広範囲に黒くなっていたので、何だろうと思って触ってみたら、傷が出来ていました。

他の猫に引っかかれたか、自分で掻いたかは不明ですが、おそらく自分で掻いたのだろうと思います。

最近は、チャゲのライバルである「デーモン閣下」(→チャゲの通院)が9月から姿を見せないので、周囲にチャゲの敵はいないはずです。

今回は抗生物質などのお世話にはなりませんでしたが、かなりの速さで回復していました。
チャゲの耳の後ろの傷

ところが、翌日の夕方見てみると、傷がひどいことに!
ひどくなった耳の後ろの傷
自分で掻いたのだと思いますが、一部は骨が見えそうなくらい。
急いで部屋に入れて、マキロンをつけたティッシュで応急的に消毒して、以前に福松がつけていたカラーを装着。
大きいカラーをつけたチャゲ

大きいカラーをつけたチャゲ2
最初は大きめのカラーをつけましたが、水やご飯が食べにくそうなので、小さいカラーに変更しました。
小さいカラーをつけたチャゲ
カラーをつけた時は、すごく嫌がって、取ろうとしましたが、チャゲはけっこう順応できるタイプで、小さいカラーにしてからは、それなりに生活できています。
傷が癒えるまでは家の中で我慢生活です。

スポンサーリンク




チャゲにノミがいた!

先日も家の中に入れたばかりのチャゲですが、なんと、初めてノミを発見してしまいました。

いつも背中のあたりは、毛をかきわけて、ノミの糞をチェックしていてなかったのですが、たまたま尻尾の周辺を見てみたら、ノミの糞がかなりあり、実際にノミも1匹確認しました。

ちょうど茶太郎の予防接種で動物病院に行ったので、「フロントラインプラス」という薬をもらってきました。

フロントラインプラス

この薬をチャゲの首の後ろにつけました。
これで1ヶ月はノミを寄せ付けないはずです。

IMG_1336 (2)

家に入れていた時は、こんな感じだったので、部屋を入念に掃除して、外の小屋も掃除して、チャゲが使った布関係はすべて洗濯しました。

IMG_1446

薬をつけた後のチャゲ。首の後ろにつけた跡があります。

IMG_1476

何も知らないチャゲはマイペースに体を舐めていました。

スポンサーリンク




チャゲのハゲ

お外で暮らしているチャゲには、

(おそらく)少し前から頭にぽつんとハゲがあります。
頭にハゲができた猫 チャゲ

猫の皮膚の病気を調べてみると、
1.ノミアレルギー
2.ツメダニ症
3.疥癬(ヒゼンダニ症)
4.白癬(皮膚糸状菌症)
5.ストレス
などがありました。

チャゲは来月が予防接種の時期なので、その際に獣医さんに聞いてみたいと思います。

スポンサーリンク