手がかかる猫、かからない猫

通常の餌やりや水替えといった、基本的な世話ではなく、それぞれの猫によって、特別?な世話を要する場合があります。
1.小次郎
長毛種猫 小次郎
・定期的な毛刈りが必要です。特に足の裏とお尻周囲。夏にはサマーカットを実施。
・毛を刈っていないとお尻にウンチがつくことがよくあり、その処理が必要。
・長毛種のため、他の猫よりも頻回に毛玉を吐きます。ので、その処理(2次的に洗濯も)が必要になります。
・現在では、鼻涙管閉塞状態なので、目の周囲が常に茶色く汚れているため、拭いたり猫用の目薬をさしたりしています。

2.さくら
三毛猫 さくら
・さくらは、我が家で一番手のかからない猫です。
・時々、背中をかいてほしいとねだってきます。

3.福松
キジトラ猫 福松
・福松は我が家で一番手のかかる猫です。
・気が弱くて多頭飼いになじめず、ストレスからマーキングをするので、その処理や、薬を飲ませる必要があります。
・ウンチをした後は、床にお尻をなすりつけるので汚れます。時々、1枚ずつ洗濯可能な床材ではないところでもなすりつけるので、大がかりな洗濯が必要になることがあります(→猫のトイレの後始末行動)。
・おしっこもトイレのすぐ外にしてしまうことがあり、後始末が必要です。
・動物病院が大嫌いで、病院内では暴れて大変です。
・特定の人が大好きで、人がいないと鳴いて迎えに行く必要があったり、常にかまっていないと鳴き続けるため仕事の妨げになったりします。
・以前に断尾をした時もかなり手がかかりました(→猫の断尾)。
・水道で水を飲みたがるので、そのたびに水を出したり止めたりしています。
・偏食があり、食べるフードが決まっています。

4.茶太郎
チャトラ白猫 茶太郎
・トイレの後、砂を外にかき出します。
・ウンチをトイレのすぐ外にしてしまうことが多々あります。
・気が優しく、いつも切ない声で鳴くため、病気にならないか心配させられます。

5.ミニタイガー
サバトラ白猫 ミニタイガー
・いろいろなところで爪研ぎしてしまうので、壁がボロボロになります。
・いろいろなところに登ったり、入って行ってしまいます。
・やんちゃです。

6.ジョニー
キジトラ白猫 ジョニー
・トイレの後、砂をトイレの外にたくさん出してしまいます。
・水道で水を飲みたがるので、そのたびに水を出したり止めたりしています。

スポンサーリンク




猫の性格と、トイレの砂かけの関係

猫は排泄が終わった後に、トイレの砂をかけることが多いですが、

このトイレ砂をかける理由はいくつかの説があります。

うちにあった本から抜粋してみると、

1.今泉忠明監修、図解雑学 ネコの心理、ナツメ社

野猫の行動調査によると、ボス猫は砂をかけないことから、社会的地位を気にしている劣位の猫が、ボス猫に対する遠慮から砂をかける。家の中では、人間を優位な存在と認めているため砂をかける

2.高崎計哉監修、ネコの気持ちが100%わかる本、青春出版社

・狩りの対象となる小動物に自分の存在を気づかせないため
・自分より強いネコを刺激しないため

3.服部幸監修、ネコの気持ちがよ~くわかる本、秀和システム

・排泄物の臭いを消すことで他の動物に居場所を悟られないようにするため
・強いオスの場合には、逆に自分の存在を誇示するためにそのまま残しておく

という感じでした。

ただ、これらの本に書かれていることは、もしかすると、お外で暮らしている猫についてのことで、家の中で飼われている猫についてはあてはまらないかもしれません。

家の中は、

・自分たちより明らかに強い人間という存在がいる

・避妊去勢した猫が多い

・猫の密度が高い(多頭飼いの場合)

など、明らかに外とは違う環境にあります。

なぜそのように思ったかというと、我が家の猫を観察していると、あまり当てはまらないような気がするからです。また、猫の性格と、トイレの砂かけの間に関係が見いだせませんでした。

小次郎:気が強い:かなり砂をかける

さくら:気が強い:かなり砂をかける

福松:気が弱い:まったく砂をかけない

茶太郎:気が弱い:とっても砂をかける

ミニタイガー:気が強い:少し砂をかける

ジョニー:気が強い:とっても砂をかける
気が弱い猫 福松と茶太郎

<気が弱いコンビの福松と茶太郎ですが、砂かけについては正反対>

スポンサーリンク




抱っこ好き・嫌い

抱っこされるのが好きな猫と嫌いな猫がいます。

我が家の場合、

抱っこ好きな猫 : 小次郎、福松、ミニタイガー、チャゲ

抱っこ嫌いな猫 : さくら、茶太郎、ジョニー

となります。

抱っこ好きな猫と嫌いな猫で、何か共通点がないかと探してみましたが、共通点はなかったです。

抱っこされるのが嫌いな猫 ジョニー
<抱っこ嫌いなのに、可愛いのですぐに抱っこされてしまうジョニー>

スポンサーリンク




猫柄

人間性に優れた人を、人柄がいい とか 人格者 などと言うことがありますが、

そうしてみると、

猫性に優れた猫を、猫柄がいい とか 猫格者 と言ったらいいでしょうか。

今回は、我が家でもっとも猫柄がいい と言われている、茶太郎についてです。

茶太郎は、人を噛んだり、引っ掻いたりすることは決してありませんし、他の猫に対しても、襲ったり、威嚇したり、するようなこともありません。

とっても気持ちの優しい猫なんです。
気持ちが優しい猫 茶太郎

IMG_1122

↓ 寝ているところに、明らかに後からミニちゃんが載ってきても、
IMG_9997

↓ 載ってきても、
IMG_0764

↓ 嫌ったりせずに仲良くしてあげてますし、
IMG_0550

↓ ジョニーが仲間入りした時も、すぐに近寄っていってあげるし、
IMG_0476

↓ まだおむつ時代の嫌われジョニーとも一緒に寝てあげてたし、
IMG_1111

とにかく猫柄がいい猫 それが茶太郎です。

スポンサーリンク




猫の気の強さ(弱さ)

人間にも気の強さ(弱さ)があるように、猫も、気が強い猫、弱い猫がいます。

うちでいえば、

気が強いグループは、小次郎、さくら、ミニタイガー、ジョニーで、

気が弱いグループは、茶太郎、福松です。

気が強い猫は、来客、玄関のベル、掃除機、カミナリ などに強い、という共通点があります。

反対に、気が弱い猫は、それらにからっきし弱いです。

気持ちが優しい茶太郎は、カミナリがなり出すと、玄関の下駄箱の下に逃げ込んでます。
優しい猫 茶太郎

でも、一番気が弱いのは、なんと言っても、唯一、薬のお世話になっている福松です。
気が弱い猫 福松

スポンサーリンク




うちの猫を人間の血液型に例えると

猫にも血液型があるそうで、A型が7~8割、B型とAB型が残りの割合だそうで、O型はないそうです。

人間の血液型による性格占いは科学的な根拠はないそうですが、個人的には、どんな根拠のある診断よりも当たっている気がします。

さて、うちの猫たちを人間の血液型(による性格)に当てはめてみると、

小次郎 : O型

さくら : O型

福松 : AA型

茶太郎 : A型

ミニタイガー : B型

ジョニー : AB型

チャゲ : O型

という感じになります。

小次郎はとても気が強く、身体的能力が低いにも関わらず、どの猫に対しても強気です。また、どんな人も恐れることなく近づいていきますし、掃除機が近づいてきてもそのまま仰向けで寝ています。

さくらも、人を怖がることがなく近づいていき、体重が他の猫よりも軽い(3キロ台前半)のに、他の猫に対して逃げずに向かっていきます。

福松は一番気が弱く神経質です。現在もマーキングのために薬を常用しています。人が来れば2階まで逃げて行きますし、他の猫に対しても基本弱気で、飼い主だけが甘えられる存在です。動物病院では恐怖のあまりシャーシャー威嚇します。

茶太郎も気が弱く神経質なところがあります。でも人にも猫にも危害を加えることなく優しい猫です。玄関のチャイムが鳴ると2階まで逃げて行きます。

ミニタイガーは、おとぼけおっちょこちょいキャラです。よくジャンプに失敗したり、脚を踏み外したりしてます。A型の茶太郎に対して独占的で体温を奪うようにピッタリくっついて寝たり、邪魔したりします。基本的に人が大好きですが、あまり鳴いたり甘える仕草を軽々しく見せないようにしています。

ジョニーはA型とB型の両方の要素を持っています。ジョニーは、人好きの猫嫌い。野良猫経験が長いせいもあって、他の猫と一緒になると不安のためかマーキング。でも俺様気質も合わせ持ち、餌の時間になると我先にと食べます。さらにお気に入りのベッドも誰にも譲らないなど、強気と弱気が混在するタイプです。

チャゲは、完全にO型です。他の猫、人に対して、恐れというものを知りません。唯一怖いのは自動車です。

スポンサーリンク




猫は焼き餅焼き

猫はけっこう焼き餅焼きです。

うちで一番の焼き餅焼き猫は、福松です(そして一番の甘えんぼ)。
うちで一番甘えんぼ猫の福松

他の猫を抱っこしていたり、可愛がっていたりすると、「ニャー」と少し鳴いて、わざと後ろを向いてしまったり、
すねてそっぽを向く猫 福松

隅っこの方に行ってしまったりします。
すねて箱の中に入ってしまう猫 福松
猫って、けっこう自分以外の猫に対して、人間がどう接しているのか見ているんですよね。

スポンサーリンク